教室作品

9月の絵画造形教室作品

投稿日:

10月も半ばだと言うのに9月作品を載せます。てへ←可愛くないよ

9月は本作りをしました。

内容を考えるのはもちろん、製本も自分でやります。

厚紙と画用紙でハードカバーのなかなか本格的な本が出来ました。

 

表紙を見ているだけでも結構面白いのです。

絵画造形教室作品

絵画造形教室作品

絵画造形教室作品

絵画造形教室作品

まだ小学生なのに人生いろいろって…面白いじゃないの!

島倉千代子の歌をつい口ずさんでしまいたくなる年寄りがここに1人。

 

内容もなかなか良く考えられていて

絵画造形教室作品

この本の中にはこんなことがずらずらと

絵画造形教室作品

ヘビに1時間噛まれるのとクマに1時間追いかけられるのと

牢獄に入るのととウサギ小屋に入ると

どっちが良い?

うーん、ヘビもクマも嫌だけど牢獄とウサギ小屋は断然ウサギ小屋だわ。

とか真剣に読み進めたり

 

こちらのバトンタッチというタイトルの本は

絵画造形教室作品

文章の説明はなく絵だけでストーリーが進みバトンタッチが成されると言う奥深さ、素晴らしい!

絵画造形教室作品

絵画造形教室作品

絵画造形教室作品

絵画造形教室作品

 

そして最後は

今回見本で作ったわたくしの本。

たまには私が作った見本も載せてみようかな、せっかく作っているのだし。

タイトルはこけしいろいろ

手作り本

子供たちも同じようにこんな感じで製作者の名前入りです

これだけで何だかちょっと本格的になる気がします。

手作りの本

手作りの本

手作りの本

とまぁこんな感じで合計7ページ。

7ページと聞くと少なそうだけど、ストーリーを考えそこにきっちり収めて書いたり切って貼ったり…と結構なハードワーク、みんなよくがんばりました!

これは(これも?)大人になるまで大切にとっておいて欲しいですね。

 

 

 

-教室作品
-, ,

Copyright© らくがきえんぴつ , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.