つれづれ

ゲツモク病院

投稿日:2018-01-18 更新日:

えんぴつ

↑本日は画像と内容、全く関係ありませんです

 

事件は今朝起きました。

早朝から起きて、部屋の中をウロチョロする我が家の老犬やや氏。

どうやら何かを訴えたい様子。

ややの要求を聞こうとするけれど、何せ老犬なもので彼の要求することが最近めっきりわかりにくい。

眠たいし、ややは気になるし。

半分寝ぼけながらベッドから出て様子を見にいく、そしてまたベッドに戻る

を数回繰り返し。

また、ベッドから出て→またベッドへ戻る…と一連の流れになるのかと思われたその時

私はベッドの角に足をしたたかぶつけた。

「いったーーーっ!この痛さ普通じゃなくない?」

案の定、折れてましたよ、骨がぁ!

 

そう、私はベッドに足をぶつけて左足の小指の骨を折りました。

角に足をぶつけて指の骨を折るって案外珍しい話じゃないらしいけど まさか、自分がそんな体験をしようとは。

トホホ←脱力

 

しかも、今週は私、別件で もひとつ病院に行ってたのです。

顔に小さな水疱が出来てみるみるうちに赤く大きく腫れてきたので

もしや帯状疱疹ではあるまいか!と 超びびって受診したらば、

こちらはそんなたいしたことではなくヘルペスでした。

 

とは言え、顔に結構な感じでグロテスクなデキモノをこさえてるし

見た目はなかなか悲惨です。(マスクでごまかす毎日)

 

足は固定器具をはめ、引きずり歩き。

顔はドロドロのヘルペス。

満身創痍とはこのこと。

まさに弱り目に祟り目ってやつです。

 

皆さんも、寝ぼけてる時or急いでる時の「角に足指ぶつけ」には十分ご注意あそばせ。

謝る犬

 

↑と ややが言ってるに違いない。許す!

 

 

 

-つれづれ

Copyright© らくがきえんぴつ , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.